鍵屋への依頼は緊急が多いが鍵は自宅を守っています。

鍵屋への依頼というと当然のように緊急性の高い物が多いです。

緊急性の高い物というと【鍵の紛失】【鍵が回らない】といったようなケースです。後は引越しに伴った鍵交換依頼です。紛失の場合はしょうがないにしても突然に家の鍵が壊れてしまって電話を掛けてくるといったケースは多いです。

基本的に自宅に泥棒が入るといったケースは非日常のケースなので仕方のない事だと思います。

 しかし鍵は確かに自宅を守っていますので重要性を忘れてしまってはいけないです。

例えば鍵という物がなかったらどうなるでしょうか?

全ての家にはフリーパスで入れるわけですから泥棒天国になってしまいます。泥棒の居ない世の中だったらとても良いとは思いますが残念ながら泥棒が存在してしまうため鍵が存在します。

皆さんは外出時には鍵をかけると思いますが、それは不在時に自宅に不法侵入されるのを防ぐ目的だという認識がシッカリとあると思います。これは日常生活のなかで防犯への意識がシッカリと皆さんにあるということですので、とても素晴らしい事だと思います。

しかし鍵の不調を感じても実際に使えなくなるまで放置されてしまう現状は少々残念には感じます。

鍵の調子が悪いということで鍵屋が呼ばれた場合、多くの場合でそれなりの期間使われた古い鍵であることが多いです。古い鍵ですので防犯性は非常に低いものであるため本来はもっと早くに交換するのがベストな選択ではあります。

鍵の防犯性というのは年々向上していますがピッキングなどの不正解錠による空き巣被害が絶えません。これは前述したように鍵を交換するタイミングの多くが鍵が使えなくなった時や中古マンション購入などの引越しをされるタイミングが多いのが原因でしょう。防犯性の高い鍵を取り付けている住宅は確実に増えています。しかし、防犯性や使用年数を気にして鍵を交換される方は非常に少ないため防犯性の低い鍵が取付されている家が減るわけではありませんので空き巣のターゲットにされてしまう家はたくさんあるという事になります。

皆さんの中には泥棒の侵入手口は窓からが多いという認識で玄関は施錠さえシッカリ行えば被害に遭わないと感じている方は居ませんか?

半分正解です。確実に玄関の鍵を閉めていることを前提にすると被害件数は極端に少なくなると思います。しかし被害に遭わないという認識だと危険です。もともと不正解錠には一定の技術が必要ですからピッキングなどの犯罪手口は少ない傾向にあると思いますが、それでも全体の10~20%もの被害があります。この10%にも気を配るからこそ防犯対策の意味があります。実際に10%をおろそかにしてしまった結果として被害に遭ってしまった方が居るわけですから無視は出来ないですね。

鍵は自宅を守っているのは事実ですから防犯について考える機会をもつのも良いかも知りません。この記事がキッカケになったら大変うれしく思います。

 


コメントを残す

ページトップへ