鍵が挿さりにくい・動きが悪いと思った時は・・・

今お使いのは快適に使えていますか?

にも寿命があります。ある程度の期間使っていれば調子が悪いと不満を感じることも出てきますし、鍵の構造は防犯性を高めるために日々進化し複雑になっていますのでちょっとしたことが原因で不具合が出てしまうこともあります。

カギ屋トマトへの依頼にも『鍵の刺さりが悪い』『鍵を回すときに引っ掛かる』といった内容の相談がありますが、鍵屋さんへこのような相談をされるのは正解だと思います。

お客様の中には『鍵がささらない』『鍵が回らない』という事になって初めて鍵屋さんへ電話される方が大半ですが、もう少し早い段階でご相談されていれば安く済んだというケースも多々あります。

本来は鍵も定期的なメンテナンスが必要です。調子が悪いと感じながらも放置しておくと鍵の寿命を早めてしまいます。もしも自宅に帰った鍵が開かないといったトラブルで鍵屋さんを呼び【鍵を開ける作業+鍵の交換】を提示された場合は3万円の出費は覚悟して下さい。仮に鍵屋トマトへご依頼された場合でも2万は超えます。これは鍵一つに対してですので作業対象の鍵が二つになるとさらに金額は上がります。

合鍵(スペアキー)の作成イメージ

実際、鍵のメンテナンスを考えるべき期間ですが右の画像を見てください。

左側のギザギザした鍵なら1~2年。左のボツボツの鍵(ディンプルキー)で3~6ヶ月くらいがメンテナンスの目安です。

ディンプルキーの場合は防犯性は非常に高いですが、その分繊細にできています。


ご家庭で出来る手軽なメンテナンス方法としては鉛筆の粉を鍵の凹凸のある部分につけて抜き差しするというものがあります。鍵の挿ささりが悪いという症状ならこれで改善する場合があります。

実際には鍵の不具合には色々な原因がありますので鍵屋さんといえども実際に鍵を見てみないと鍵の問題なのか鍵穴の問題なのかはわかりません。

一つ鍵屋さんの観点でお願いすることがあるとすれば安易に手を加えないで下さい。ヘタに調整をしようとして逆に鍵を壊してしまうケースがあり、その場合は鍵交換となってしまい思わぬ出費となってしまいますので修理やメンテナンスをしてくれる鍵屋さんを見つけて相談されることをおススメします。

鍵屋トマトも修理・メンテナンスのサービスはしております。大体8千円前後の価格でサービスを提供させていただいておりますが、お見積もりは無料で実際に作業して改善されなければ料金は頂いておりませんのでお客様は損をしないシステムになっております。

 補足ですがメンテナンスをして改善されないので鍵交換といった流れになった場合はメンテナンス分の料金は請求いたしませんのでご安心下さい。


コメントを残す

ページトップへ