輸入住宅の玄関錠故障案件。鍵交換で防犯性強化。

今回は輸入住宅の一戸建てお客様宅での作業のお話です。

大阪は大阪市周辺の地域は人口密集地域です。住宅形態としてどんな物が多いといっても満遍なく多いというのが事実なのでしょうが、東大阪市や八尾市・大東市といった地域ではマンションなどの高層住宅よりも一戸建て住宅がやはり目立ちます。

今回伺ったお客様宅も一戸建て住宅で別のお客様からのご紹介という形でした大変ありがたいです。

さてタイトルにあるとおり今回のお客様宅は輸入住宅です。鍵屋を呼んでいただいた理由は鍵の故障、つまり壊れて使えなくなってしまったという事でした。

kwikset(taitan)

まずは写真を見て下さい。上の写真は既に作業完了後の写真ではあるのですが輸入住宅はドアハンドルなどクラシックな雰囲気で非常に良いですね。

今回は鍵の故障という事で話を伺うと、鍵を抜いた時に鍵の中心部が抜けてしまい鍵での施錠が出来ない状態になってしまったそうです。

お客様は抜けた部分を戻したそうですが、中心部が抜けた際にシリンダー内のピンやバネが飛び出て部品欠損状態になっていますので当然鍵としての機能は戻りません。壊れた原因は経年劣化によって内部の金属が破損したためと思われるので仮にピンを戻して復旧したとしても壊れた部分が直っているわけではありませんから防犯上好ましくありません。

とにもかくにも現在使えない状態でしたので鍵交換を行ったわけです。

輸入住宅鍵交換前

↑この写真は交換前のシリンダー部分のみを写した写真です。

写真の鍵には【TAITAN】の刻印があります。扉の側面のラッチ(正しくはデッドボルト)部のプレートにも【TAITAN】の刻印があります。

鍵交換にあたりお客様には大きく分けて二つの選択肢があります。

  1. 同じ種類の鍵への交換
  2. 別の鍵へ交換

1は厳密には全く同じではありません、互換性のある現在の商品といったほうが正しいです。出来るだけ安い料金ということでコスト重視ならコチラです。

2はTAITANと互換性のある日本製の商品です。1よりも価格は少々高くなりますがディンプルキーになりますのでコストに見合うだけの防犯性利便性が得られます。

今回は2をお客様に提案をして作業となっています。

TAITAN鍵交換

交換後の写真です。

弱点と言えばシリンダーの色がゴールドという点ですね。

このTAITANのドア金物にも何種類かの色があります。おそらく一般的に多く普及している色はゴールドなので問題はないかと思いますが、この件では元の色がブロンズ色でしたのでシリンダーとカバーの色が違ってきます。

一枚目の写真をみて頂ければ解りますが実際に取付けた印象でそこまで色の違いが浮いてしまった印象はありませんが、色違いを回避したいのであれば同じ種類の鍵へ交換する選択をすることになります。

今回のお客様は違いについても事前に説明をさせて頂いたうえで防犯性重視で以上のような作業となりました。



タグ:,

コメントを残す

ページトップへ