自宅ガレージの鍵(シャッター錠)交換事例

今回はシャッター錠の交換作業の事例をご紹介したいと思います。

普通の鍵交換の事例ですので特筆する部分の無い事例ではありますが参考までに記事にまとめます。

大阪ではシャッターのある建物は多いです。ガレージ(車庫)のある住宅や倉庫・店舗などでシャッターは使われていますが、東大阪や八尾などは多いですね。一戸建てで1階部分がガレージになってるお宅は多いですし、工場の集まる団地などがあるので倉庫も多く、大小様々な店舗でもシャッターは使われています。

建物が密集している地域ですので土地を有効活用して車庫を確保するために一階部分がガレージになったりするのでシャッターの普及率は高くなるのでしょう。

とりあえずシャッター錠の写真をみて頂きましょう。

シャッター錠の交換

上の写真は交換前と交換後と一緒に乗せていますがシャッター錠というと上記のような感じです。

赤枠で囲んだ部分が鍵部分で左下の画像は赤枠部分を拡大した画像です。

防犯の観点から今まで使用していた鍵を一度リセットして新しくしたいというご要望で鍵交換をしています。

空き巣などの被害の中にはいつの間にか合鍵を作られてしまって被害に遭うようなケースもありますので賢明な判断かと思います。

カギ屋トマトでは『シャッター錠の交換もします』と言ったくらいの話で特筆するようなことはないのですが、シャッター錠は外見はどれも同じような物なので外からみて使用部品を絞り込むのは難しいです。大体の見当はつきます。

シャッターのメーカーから当たりをつけるといった事も出来ますが、大小に関係なく使用用途や外見が倉庫といった物件で賃貸物件になると過去に鍵交換がされている可能性もありますし、そういった物件では借主さんはもちろんオーナーさんも過去の交換履歴までは把握できていないケースは多いですから使用部品は絶対コレと言い切れない部分も出てきます。必ず交換可能な部品を在庫しているとは限りませんので事前にシャッターを開けた裏側の確認をさせて頂けると滞りなく作業を進めることが出来ます。急ぎの場合でも東大阪や八尾市であれば間に合う可能性はありますのでご相談下さい。

料金は交換するシャッター錠によりますが¥12,000~¥16,000の範囲に収まるくらいかと思います。

交換作業は比較的早く済ますことが出来ます。

注意書きのような記事ではありますがシャッター錠の交換を検討されている方は参考にして下さい。



タグ:

コメントを残す

ページトップへ