基本が大切な一戸建て住宅の防犯対策

カギ屋トマトでは防犯コラムとして『防犯対策のススメ』というコンテンツを公開しております。

一回目は『大阪は住宅を狙った泥棒被害が全国でトップクラスです。』というタイトルで大阪を例に住宅を狙った犯罪の件数や被害額などに焦点をあてた記事を書かせていただきました。

今回は一戸建て住宅防犯対策について考えてみようかと思います。

マンション・一戸建て・賃貸アパートと住宅の種類がありますが一戸建て住宅での被害は圧倒的に多くなります。防犯対策の観点からは確立が低いから大丈夫ということが無いのは言うまでも無いことですが、やはり一戸建て住宅というのは素人が見ても防犯面で隙が多いのも確かです。

泥棒が住宅に侵入する場合、侵入経路は二つしかありません。

  • 玄関の扉
  • 住宅の窓

コレに勝手口という選択肢が加わる場合がありますので一戸建ての場合は計三箇所の侵入経路があります。

特に一戸建ての場合は窓が多く、庭や裏手に回れば人目につきにくいという事もあり泥棒に狙われ易いポイントになります。

しかし、不在時を狙った空き巣被害などの場合は特別にお金を掛けなくても窓への対策は出来ます。単純に雨戸を閉めればよいだけです。アパートの場合だと無い場合もありますが一戸建ての場合は雨戸があると思うので閉めるだけで防犯対策になります。そうすると残るは玄関や勝手口という事になりますが皆さんの自宅のセキュリティはどうなっているでしょうか?

玄関は道に面していて人目に付くから大丈夫だろう。勝手口にもチェーンがあるので大丈夫だろう。つい思ってしまうことです。

確かに玄関から侵入されるケースは窓よりも低いです。しかし10件の被害があったら内3件は出入り口から侵入ですので、決して少ないとはいえません。結局のところ泥棒は別に安全に入れる家を探しているわけでは有りません。第一前提として侵入できる防犯対策に隙がありそうな家を探しています。ですから入れるならば窓でも玄関でも良いわけです。

具体的な防犯対策はカメラの設置などもありますが、一番最初にやらないといけないのは鍵の交換補助錠の取付といった玄関のセキュリティの強化です。

合鍵(スペアキー)の作成イメージ

左の画像は一般的な鍵の写真です。

皆さんの持っている鍵は左の鍵ですか?それとも右の鍵ですか?

右の鍵が自宅の鍵という方は防犯面で少し安心です。右の鍵はディンプルキーといって鍵屋さんでも開けるのに手を焼く・・・というより普通の方法じゃ開けられません。


左の鍵でも防犯性の高い鍵はあるのですが実際に見ないと解かりません。ディンプルキーは元々防犯対策の強化を目的に作られているので少々高いですが安心です。

しかし、ディンプルキーだからと安心は出来ません。もう一つ質問です。

皆さんの家に扉には鍵が一つですか?二つですか?

補助錠イメージ

使い回しですが右の画像を見てください。

左側は鍵が一つ。右は補助錠をつけて鍵が二つ(ワンドアツーロック)です。どちらが防犯性が高いかは想像できるかと思います。

一つでもディンプルキーなどの防犯性の高い鍵をつければ開けれないのでは?と思ったりしませんか?


鍵を二つつけることによる防犯性の効果は高いです。見た目に泥棒が嫌がる理由が二つあります。

  • 時間
  • 手間

泥棒は時間が掛かることを嫌います。なので手間が掛かるのは嫌いです。

防犯性が低い鍵が二つ付いていても駄目なんですが二つよりは一つの家を狙います。二つ開けるのは時間が掛かります。もう一つ手間の部分で理由があり、泥棒には強引な手口を使う物も居ます。具体的にはバールなどの工具でドアを破壊してこじ開けてしまうという手口ですが、鍵が一つなら一箇所破壊すればよいですが、二つあれば二箇所破壊しなければなりませんので、そういった手間も泥棒は嫌がります。

実際に鍵交換や補助錠取付を鍵屋さんに頼んだ場合、鍵を一つ交換で2万弱補助錠を新規で取付で3万弱の料金がそれぞれかかります。しかし被害にあうと50万以上の損害が出ますので安いものだと思います。

上記は大手の鍵屋さんを対象にした場合の世間的な相場ですのでネット等で探せばもっと安い鍵屋さんはあります。当店も安い鍵屋の一つではありますが、防犯面で鍵について知りたい方はお近くの鍵屋さんに相談されることをおススメします。

当店は大阪と奈良北部、京都の一部地域であれば実際にお宅に伺わせて頂きます。もちろん特に問題ない等で作業をしなければ無料です。


コメントを残す

ページトップへ