同じ鍵で二つの鍵を開ける二個同一キー

一つのドアに二つの鍵・・・ワンドアツーロックという仕組みをご存知ですか?

一戸建て住宅やマンション(中高層住宅)で多く見かける玄関の構造ですが、扉に鍵が二つ付いている目的は防犯性の強化ですが今回は防犯性がメインでは無く、ワンドアツーロックの扉に関して特長など念のため知っておきたい知識の補強です。

二個別々の鍵を使うか一つの鍵で二つの鍵を開けるか

先ずは念のため写真です。

ワンドアツーロックの扉

上下にが付いているのが解ると思いますがコレがワンドアツーロックの扉です。

この上下の鍵に関しては二つの選択肢があります。防犯性に関してはトラブル時を除いて差はありません。

  1. 上下で別々の鍵を持つ(鍵を二つ所有)
  2. 上下で同じ鍵を使う(鍵を一つ所有)

上下で別々の鍵を使用する場合

この状態は利便性は良いとはいえませんが万が一のトラブルなども考慮すれば防犯性は最大限引き出せている状態です。上下で別々の鍵ですから一つの扉を開けるために鍵を二本持つ状態になります。

デメリットを書き出します。

  • 二本の鍵の開け閉めが面倒
  • 合鍵作成の本数が増えるのでコストが掛かる

次にメリットを書き出します。

  • 鍵を一本紛失しても、もう一つの鍵で最低限の防犯性を維持できる。
  • 鍵交換は一つから考えられるのでコストは交換時のコストを安く考えられる。
    ※ディンプルキーで合鍵本数が多い場合はこちらの方が高くなる場合もあり

二個別々の鍵での最大メリットは防犯性でしょう。利便性が悪く合鍵作成時のコストが高くなるとしても、鍵を紛失や盗まれた場合は片方が無事ならば交換までの間は一つの鍵でも最低限の防犯性は維持出来ます。ただし、二つの鍵の保管場所などは一緒になっていることが多いので余程慎重に管理しない限りはこのメリットを享受することは出来ません。

長期的には交換時期が来ることなどを考えるとメリットがあるといえます。仮に一つの鍵が壊れてしまっても交換時にはもう一つの鍵との関係を考慮せずに交換を検討出来ます。また鍵一つの価格では単一の鍵のほうが若干価格が安くなる傾向があります。ただしトータルコストでは微妙なところで鍵の種類によっては合鍵一本の価格が高いため本数が多い場合はコチラのほうが高くなる可能性はあります。
例:家族二人の合鍵が必要
⇒①【二個別】2人×合鍵2本=計4本の合鍵 ②【二個同一】2人×合鍵1本=計2本の合鍵

上下で同じ鍵を使用する場合

 鍵一本で二つの鍵を開閉が可能なため利便性が良く人気があります。

デメリットを書き出します。

  • 鍵一本の紛失で両方の鍵の防犯性が失われる。
  • 二個同一キーの交換はコストと時間が掛かる。

メリットを書き出します。

  • 二つの鍵の開閉を一本の鍵で出来る。
  • 合鍵必要時は一本の鍵を複製するだけなので安く済む。

二個同一キーで使用は日常の利便性は高いですが交換時などは不便を感じます。

例えば一つの鍵の故障で交換を考えた場合でも同じように二個同一で使えるように交換をしたい場合は二つの鍵を同時に交換する必要があります。例外として鍵一つ交換でも同一キーで使えるように組み替え可能な場合がありますが、鍵種によりますので基本として二個同時交換と思ってください。

また、二個同一キーへの組み換えが可能な鍵種である場合を除いて基本的に取り寄せとなりますので当日交換が出来ないケースが多いという事も覚えておいて下さい。

まとめ

二個別で使っていても紛失時は二本同時なる可能性が高いという点などを考えていくと二個同一の方が利便性やコスト面で優位と考えます。

どちらにするかは使用者様が安心できる好みという事になります。鍵屋などに相談しましょう。

後から鍵を二つにしたい場合には補助錠を取付けるという手段もありますが、この場合は二個別の鍵になります。二個同一キーは同じ鍵種でのみ可能です。



コメントを残す

ページトップへ