便利なリモコン式の錠の落とし穴。

の世界も日進月歩の世界で常に進化しています。泥棒との戦いともいえます。

防犯性を追求しすぎると利便性が無くなり、それならばと利便性も追求していく世界です。

レオパレスなどの賃貸アパートでもカードキーが増えていたりするので防犯性への意識が高まっているんだなと感じます。とはいえ防犯対策といってもタダではありませんからイザやるとなると悩みますよね。防犯対策をするとなれば、それなりにお金を掛けなくてはなりません。とはいえ高すぎるので妥協をするのは不安。そういった中で鍵屋としてお客様にアドバイスできることは色々あるのですが、お客様自信に最終的には判断していただければならないため、鍵と錠の豆知識のコラムでは防犯対策を検討する際に役立つ鍵(錠)の豆知識を掲載していきます。

今回はリモコン錠についてです。

リモコン錠とは

リモコン錠は名前そのままのリモコンで作動する鍵です。

基本的には外側に鍵穴はないのでピッキングで不正解錠されることがなく防犯性が高いのですが、リモコン錠を取付される方の目的は利便性です。イチイチ鍵を挿す必要がないのですから非常に便利です。

ユニット自体は扉の内側(室内側)に簡単工事(粘着シートタイプやネジ止めタイプなど)で取り付ける商品があります。いくつかのメーカーが補助錠などでリモコン錠をリリースしていますが、内容としては同じような商品です。

マイカーなどがキーレスの方はリモコン錠の便利さは想像できるかと思います。

知っておきたいリモコン錠のデメリット

に限らず、どんな商品にも不満や不安は付き物です。だからこそ鍵も進化をするのですがリモコン錠も例外ではなく不便な点もありますので知っておいて下さい。

一つは商品の固体差やお客様の環境で安定動作しないケースがあるということです。

全ての製品がそうだというわけではありませんが乾電池で作動する製品には少々不安があります。電池が無くなってしまえば作動しなくなるという危険があるので豆に電池を交換しないといけません。電池残量を知らせてくる製品もありますが目安でしかないので電池そのものの信頼性までは図れません。電池も安い海外製品や買い置きしていた古い電池では突然駄目になるケースもあるので注意は必要です。

二つ目は日本製の基板が使われていない商品が多いという点です。

今時の電化製品なんて日本製の基盤使ってるの少ないでしょ?と思うと思います。確かにその通りですが、その考えは危険です。大手の家電メーカーなどであれば委託する海外企業の技術力も高く、現地の技術指導にも力を入れていますから製品信頼は増してきていますが、残念ながら全てがそうではないので信頼は日本製に一歩も二歩も劣るというのが現状です。つまり動作の安定性や受信感度など重要な部分で個体差が激しすぎるので昨日まで普通に動いていたのに、今日は不安定なんてこともありえます。

鍵が開かなくて家に入れないというトラブルに合わないために商品を選択は慎重にしないといけませんね。

リモコン錠のトラブルは大変

実際に電池切れなどで鍵が開かなくなってしまう場合はどうなるのでしょうか?

外部電力供給(例えば角型乾電池を接触させ電力確保する)での対応が可能なものなどなら、これで動作すれば良いのですが、最終的にドアを強引にこじ開けなければならないこともあります。仮に粘着シートで取り付けるタイプを使っていても鉄扉など頑丈な扉でない限りはドアが変形します。ビス固定タイプの場合は扉を破壊する覚悟は必要です。

電子部品の錠前はどうしても故障や動作不安に弱いという側面は覚えておいて欲しいです。
住宅の設計段階で電子錠を使うことが考慮されていて錠自体が扉に埋め込まれて電力が電池でない場合は突発的な故障以外では不安はありませんね。

リモコン錠まとめ

リモコン錠を検討される方は利便性がもっとも強い理由なんだと思います。その上で防犯性が高いということです。生地全体が注意点を強くしたので批判的な印象になってしまいましたがリモコン錠は本当に便利です。導入時にはコスト面に目がいってしまいますので万が一の事態での利便性も考えるのが良いかと思います。

蛇足ではありますが鍵屋の職業病?という記事がカギ屋トマトのスタッフブログでアップされているのですが少々鍵の防犯性のことに触れています。利便性ではなく防犯性を求める場合においては通常の鍵でも十分ということはあります。鍵を挿すというのが面倒であったりとリモコン錠にくらべ利便性ははるかに劣りますが合鍵を作って家族の分の鍵を揃え易い、安定的にしようできる、万が一の場合も鍵屋さんが対応し易いというのメリットはあります。実際に普通の鍵でも防犯性の高い物は鍵屋さん泣かせの鍵も増えています。

再度になりますが鍵を新規で取り付けたり、交換されるときにはコスト面だけでなく利便性や防犯性などを良く考えて不明な点は鍵屋さんに相談するなどして慎重に行うことをおススメいたします。

 


コメントを残す

ページトップへ