トイレのドアノブを今風のレバーハンドルに交換

カギ屋トマトの仕事を紹介する『鍵屋さんの作業事例』の初記事です。

記念すべき第一回はトイレのドアノブ交換です。単純にドアノブを交換するというわけではなくレバーハンドルタイプに交換しております。

ドアノブをレバーハンドルにしたいというご依頼

今回のご依頼はトイレのドアノブをレバーハンドルのタイプに交換したいという依頼です。ドアノブ自体は特に壊れているという事は無く、引っ越した家のリフォーム感覚で交換をしたいという事でした。

さて下の写真は交換する前のドアの写真です。写真中の青枠で囲んだ部分はトイレ内側の鍵部分の写真。

トイレドアノブ交換前

川口技研のトイレ錠ですね。

このトイレ錠は比較的ポピュラーなもので、この錠を使用しているお宅は多いと思います。

確認時に扉の厚さが若干薄い感じだったので場合によっては補強が必要かもしれないと思いつつ互換性のある商品を探しました。

通常のドアノブ交換であるなら同じ商品もしくは後継となる互換商品を手配すればよいですが、別の物に交換するという事になる場合はぴったりの商品が無いかもしれませんので加工などして取り付けるプランも必要になります。

下の画像が最終的にレバーハンドルへの交換を終えた写真になります。

トイレ錠交換後写真

トイレ錠内側※内側の鍵写真が見づらいとのご指摘があったので別途追加しました。

今回はレバーハンドルへの交換にあたって数点候補を探しましたが、商品選択はお任せ頂けるということでしたので、一番割安で見た目も良い写真の商品に交換させて頂きました。

以前のトイレ錠よりも使い易い商品ですが、ドアノブからレバーハンドルに交換した事で日常での使用感も格段に使いやすくなったと思います。

工事費用は約¥12,000-で出張費等込みの総額での料金です。出張サービスとしての交換料金としては鍵交換よりも基本料金を低めに設定しております。

上記の料金はドアノブ一箇所交換での料金ですが、ドアノブ交換では二箇所、三箇所と複数個所交換を申し込まれますと一箇所のみ交換に比べ料金がお安くなります

当該作業実施時は二箇所交換でお安くなりましたのでお客様にも喜んで頂けました。



タグ:

“トイレのドアノブを今風のレバーハンドルに交換” への2件のフィードバック

  1. パンパン より:

    参考になります。
    交換した鍵の内側の写真が見づらいので見やすいのがあるといいです。

    • カギ屋トマト より:

      >パンパンさん
      コメント有難う御座います。
      内側の鍵写真を別途記事に掲載致しましたのでご参照下さい。

コメントを残す

ページトップへ