オートロックは安心?鍵交換はやはり必要?

空き巣や強盗、ストーカーなどから身を守るため防犯意識は非常に高まっています。

オートロック付のマンションが非常に増えていることからも防犯に関してのニーズの高さが伺えます。オートロックが有るから安心ということで今の住まいを決めた方も多いかと思います。

今回はオートロックの防犯性がどれほどのものか皆さんと考えて見ようと思います。

オートロックの目的は部外者のシャットアウト

これは私の認識なのでオートロック誕生の最初の目的は別の狙いだった可能性もありますが、そもそもオートロックは何のためにあるのだろうと考えたとき目的は二つでしょう。

  • 部外者を建物内に進入させない
  • 不審者を部屋へ近づけさせない

最初は自動で鍵が閉まって便利程度の目的だったのかもしれませんが、少なくともエントランスに設置されたオートロックの目的は部外者のシャットアウトでしょう。部外者(不審者)を100%シャットアウトできるならば防犯対策としてのオートロックの力は賞賛に値します。

しかし、残念ながら皆さんもオートロックが万能ではないことを知っていると思います。また部外者を100%シャットアウトできたとしても安全とは限らないことも知っているはずです。

オートロックに頼ってはいけない

オートロックは防犯対策として決して万能ではありません。

オートロックが有るほうが無いよりも防犯性が高くなるのは間違いのない事実ではありますがオートロックであることを過信してはいけません。

想像してくださいエントランスを抜けることはそれほど難しいでしょうか?

空き巣などがオートロックのマンションに侵入する手口として良く言われるものをあげて見ます。

  • 住人の出入りに乗じて入る
  • 暗礁番号式なら誰かが押しているときに番号を盗み見る
  • 塀や柵を登って正面以外から建物内に進入

この他にも『偶然鍵を拾った』『不正解錠』などもありますが、多くの場合で泥棒は住人の出入りに乗じて入ろうとするのではと思います。何故かというとわざわざ怪しまれる方法で入る必要がないですし、知らない人だからと呼び止める人はあまり居ないのではないかと思います。特に人の入れ替わりが激しい賃貸マンションのほうが分譲よりも怪しまれる可能性は低いのではないかと思います。

疑いだしたらキリがないですが可能性として、もうひとつ上げておくと何らかの理由で以前に出入りする資格を持っていた人間も居るはずですのでオートロックだからと無条件で安心するのは安易ではないかと思います。

オートロックでも鍵を交換したほうが安全なわけ

すでにこれまで書いたことが答えになってしまっているのですがオートロックでも交換したほうが安全ではあります。

エントランスを抜けても部屋の鍵は開かないでしょ?

そう思われる方も居ると思いますが半分正解で半分は誤った認識です。

オートロックの強みは部外者が建物内に入るのを減らせるということなので室内への侵入を防ぐものではありません。確かにエントランスを抜けても部屋の鍵を開けることは出来ませんが、オートロックだから鍵の防犯性が高いと思ってはいけないのです。

オートロックであることと鍵その物の防犯性能が高いかどうかは別問題なのです。

防犯性の低い鍵を使ってオートロックのシステムが組まれている場合はピッキングなどの不正解錠によって住宅内に侵入されてしまう可能性は多いにあります。賃貸物件の場合は入居時に鍵がシッカリと交換されているかの確認も含めての話になります。

様々な角度から空き巣などの可能性を考えていくと、玄関前まで部外者がたどり着くことは十分可能なため、やはり防犯対策を考えるなら自宅玄関の鍵を交換するのがベストな選択であるといえます。実際に自宅の鍵の防犯性を確認したい方は住所のエリアに出張可能な鍵屋さんへご相談されれば良いかと思います。

 

 

 


コメントを残す

ページトップへ